高齢者にも住みやすいRC住宅

高齢者が住みやすい、安心できる住まい設計。RC住宅のデザインの多様性はこのエリアでも大きく役立ちます。直感的に気になる階段については段差の解消や勾配、手すりを設置したり、出入り口の幅にいたるまで、高齢者にとってちょっとの不満が残る構造と100%安心できるものの差はとても大きいと言えますが、RCであればたとえロコモティブな状態が酷くてもきっちりと収まった感じをもたらすでしょう。
リウマチ患者として長く患っていた方が、高断熱、高気密住宅の効果により治ったという事例が紹介されたこともあります。リウマチが治る、あるいは痛みを感じないようになるだけでも素晴らしいことと言えます。

他にはもちろんエレベーターが設置できれば一番でしょう。一般的に設置できるように設計することも大事ですが、もしも無理であればスロープにする方法もあります。また高齢者の事故としてもっとも多いのが入浴、お風呂場での転倒事故です。滑らない床はもちろん、手すりを設置する、浴室乾燥機を備えて寒さ対策、暑さにもできれば対応できるオール電化での湯沸しを検討すべきではないでしょうか。

そしてデザインとして大切なのが高齢者向けの室内空間、畳でなければ絶対にならない、という方も住みやすい工夫も大切です。リビングを広めに検討して洋間と和室をセットで入れる方法もごく一般的なアイディアです。高齢者=庭、散歩もできない場合、庭があるとないとでは大きな違いがあるとも言えます。”

高齢者も安心のレスコハウス

最新投稿

  • thumbnail

    高齢者にも住みやすいRC住宅

    高齢者が住みやすい、安心できる住まい設計。RC住宅のデザインの多様性はこのエリアでも大きく役立ちます。直感的に …

    続きを読む...

    • facebook
    • twitter
    • はてなブックマーク
    • googleプラス